07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

わらびモチのドールライフ

一応ドールブログです。 他の話もあります。

 

I・Doll VOL.50 有料展示卓のお知らせ 

やっとドール関係の記事を書きます!

今週末、8月19日は『I・Doll VOL.50』が開催されます。

【I・Doll VOL.50】
開催日:8月19日(土)
時間:11:00~16:00
会場:東京流通センター(TRC)


I・Doll VOL.50

※コレクションブース(有料卓)は11時まで列待機場所なので、それ以降に開放されると思われます。


今回は主催のさかえ21さんがお仕事で出られるかどうか微妙な感じですので、
まとんさんとわらびモチによる開催となるかも知れません。
卓取り要員、募集してます!

前回TRCでの参加はしていないのでよく分かりませんが、入場方式が一部ドルショの様な感じになるみたいです。
<以下抜粋>

待機列は順不同の整理券の配布を行い、整理券順にお並び頂くことにいたしました。
皆様、ご協力お願いいたします

その入場方法を説明させていただきます
朝8時30分までに列に並んだ方に順不同で番号が書かれている整理券をお渡しします。
②整理券を皆様にお渡しした後は、整理券に書かれている番号順にお並び頂きます。
③8時30分以降にご来場された方は、ご来場順にご案内いたします。
④イベント開始の11時から先頭の方より会場内へご案内いたします。

だそうで、8時30分までの人には整理券だけど、それ以降の人はいつも通り並んでねって事ですね。
朝8時30分かー… 早いな。
お盆の人はお盆だし、土曜日で次の日は日曜日だし、混んじゃう??

ちなみにチケットは絶賛前売中らしいですよ。
買っていったほうが楽だよね、そうだよね

という訳で、以下お決まり事

・卓の代金はカンパ制となっています。
当日は募金箱を用意しますので、気持ちで構いませんのでご協力お願いします。
余った場合は次回の卓代に使わせていただきます。
側面から入れるようになっています。お札も硬貨も同じ投入口からで大丈夫です

・主催者への挨拶を一言お願いします。
 これは新規の参加者をシャットアウトするものでありません。
『ブログやtwitterを見ました』、『○○さんの知り合いです』等、初参加の方は簡単で構いませんので
必ず主催者に挨拶をお願いします。
以前まで挨拶に関しては緩かったためか、最近挨拶もなくいつの間にか卓に現れていつの間にかいなくなっているという人が
見受けられ、常識的に挨拶くらいして欲しいと言うごく基本的な意見と、セキュリティ上の問題からの変更です。
多少敷居が上がりますがご理解ください。

もちろん今までどおり、『通りがかって面白そうなので混ぜてください』もOKです。主催者に挨拶さえして頂ければ大歓迎です!
挨拶していただくにあたって、分かりやすいように主催者はバッジをつける予定です。
主催者が卓を離れる場合は代理の人間にバッジを渡すようにします。

また、知り合いを連れてきました、というのも主催者に言っていただければ大歓迎です!
卓を途中で抜けて買い物に行く、または途中で帰る場合等も一言言っていただけると助かります。
有料卓の参加条件ですが、基本的にはどなたでも、どんなジャンルのドールでも参加オッケーです。
事前に連絡とかも必要ありません。もちろん手ぶらで寄って頂いても問題なしです。

・未成年の方や女性参加者への配慮として、過激にエロいドールはNGとさせていただきます。
また、スペース的な問題から、等身大ドールもご遠慮ください。 

・本卓の写真撮影に関しては、自分のドールを、『自由に撮影してもらってOK。
自由にブログやツイッターに載せてもらってもOK(その際のセリフ付け等も含む)』と言う方のみの参加とさせていただきます。

・ドールオーナーを勝手に撮影しない、ドール撮影の妨害をしない、
この他常識から逸脱した言動をしている方は主催者判断で卓を離れていただく場合があります。

その他、一般常識を守れる方であれば問題ありませんので、同じ人形者同士、楽しく遊びましょう!

また2次会の件ですが当日に紙を用意する(と思う)ので15:00までに記入をお願いします。


DSC_0453.jpg

みんなの参加、待ってるんだぜ!




にほんブログ村

Category: 告知事項

Thread: ドール

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 3   

ツーリング21日目~27日目 

完全ニートですわぁ
終わらせないことには始まらない

・21日目
キャンプ場スタート、足摺海洋館・足摺岬・道の駅に行って天満宮前キャンプ場へ
裏手には四万十川が流れていました。

IMG_5241.jpg
ここをキャンプ地とする!

IMG_5238.jpg
裏手の四万十川で(ピンボケ)


・22日目
キャンプ場から少し戻り、不便な地にある「海洋堂ホビー館四万十」へ向かいました。
その後は道の駅に寄って、今晩のキャンプ地「池上ふれあい公園キャンプ場」へ行きました。
生憎の雨だったこの日、炊事場に初めてテントを張って過ごしました。

IMG_5246.jpg
キャンプ地の朝

DSC00485.jpg
海洋堂ホビー館四万十

DSC00495.jpg
海洋堂の魅力がたくさん

DSC00500.jpg
ああ、女神様 2-3m程の像

IMG_5327.jpg
初の炊事場テント泊

・23日目
前日の雨が嘘のような晴れ、久々のお風呂へ(3日ぶり)
キャンプ泊だと仕方が無いと思っていた。 そんなに暑くも無く、汗をかかなかったので
それが唯一の救い
この日も水族館に行って、キャンプ場を目指しました。
桂浜で坂本竜馬像を見て他も行こうとしたけど、9割程の中国人に圧倒されてやる気無くなりました。

IMG_5330.jpg
桂浜水族館近辺、寂れた観光施設って良いよね

IMG_5333.jpg
お昼に寄ったところ カツオ人間だっけ?


・24日目
この日は「龍河洞」って言う鍾乳洞へ向かいました。
平日って言ったって観光地、誰か居るだろうと行ってみたものの誰もいませんでした。
龍河洞の包丁って有名らしいのですが、客引きが面倒くさくてスルーするのも何か可哀想だったので
少し話を聞きました。
「一人旅でまだ帰らないからいらない」と言ったら「安く送れる、ご家族やご両親に」って言われたので
「独身だし、両親は何年も連絡取ってない(そんな事はないけど)」と言いながらハンカチを出したら、
凄い悪いことを聞いてしまったと言う顔で「気をつけて良い旅をしてください」と。
騙してすまないと思いながらもその場を後に。
肝心の龍河洞は普通でしたが、最後にたどり着いた休憩スペースがカオス空間でした。

その後は室戸岬へ向かい、またキャンプ場へ

DSC00523.jpg
寂れた観光地(ry

IMG_5337.jpg
ハメ撮り看板

IMG_5338.jpg
ネットでも買える包丁

IMG_5341.jpg
謎のカオス空間

IMG_5353.jpg
本日のキャンプ地

IMG_5354.jpg
ゆるい伝言板


・25日目
室戸岬は四国最南端、そしてこの日は四国最東端:蒲生田岬へ向かいました。
道が本当に狭くて、車一台しか通れないような道を抜けると温泉があり、さらにそこを抜けると集落に出ました。
こんなアクセスが悪くても、大体1-2組は人が居る みんな暇なんだな!
温泉寄って、祖谷渓のキャンプ場へ向かう。途中、工事の関係で道路封鎖されてて焦った。

IMG_5358.jpg
かもだ岬灯台

IMG_5361.jpg
看板

IMG_5362.jpg
入口の案内石

IMG_5377.jpg
本日のキャンプ地、デッキサイトで泊まるのもこの旅初

IMG_5373.jpg
サイトからの景色

IMG_5381.jpg
お夕飯


・26日目
祖谷渓から日本一高い小便小僧を見て、かずら橋へ向かう。
隙間の空いてる吊橋でした。
その後は道の駅を5つ寄って、初日に泊まったゲストハウスにチェックインしました。

IMG_5386.jpg
朝だよー

IMG_5390.jpg
日本一高い小便小僧

DSC_0132.jpg
かずら橋

DSC_0140.jpg
かずら橋出口

IMG_5443.jpg
途中で寄った道の駅の近く(うだつ…かな?)

・27日目(最終日)
ゲストハウスから寄り道もせず、南海フェリーの徳島FTへ向かうも
乗ろうと思っていた時間のフェリーは出発せず(点検とかなんとかHPに書いてあった)
時間まで待合室で時間を潰し、いざ乗船へ

徳島から和歌山へ向かい、下道で帰宅。

IMG_5448.jpg
フェリーターミナルにて

IMG_5450.jpg
南海フェリーの看板娘? ポップもありましたが、受付の目の前で撮れなかった。

お疲れ様でした。



総走行距離:約2900km
総日数:27日間
金額:約15万円

Category: 四国一周バイク旅

tb 0 : cm 2   

ツーリング15日目~20日目 

ちょっとwifiの環境が無くて、帰ってきてそのまま放置になってしまいました。
ので、
まとめて更新します。

終わらないと次の記事を書けないので!

・15日目
この日は雨、ゲストハウスを拠点に電車で移動。
松山城を見に行った後、漫画喫茶で一日過ごして、ゲストハウスに戻りました。

・16日目
ゲストハウスを出発して、石槌山へ向かう。
天気がパッとしない中での出発。 平日の観光地ほど寂しいものはない。

DSC00399.jpg
この廃墟感(失礼)が好きです。

とりあえず石槌山へ行ったという記憶を残しに。
DSC00395.jpg
ロープウェイから20分程歩いたところ

夜は石槌山キャンプ場へ
DSC00411.jpg
ここをキャンプ地とする!
ちなみにお一人様でした(笑)

・17日目
キャンプ場を出発し、UFOライン(町道瓶ヶ森線:UFOラインだと地元の人に通じない)・石槌山スカイラインへ
向かいます。 前日の天気とは裏腹に青空でした。
景色がいい・バイクなら行ったほうが良いと言われ向かったものの、194号線の脇道をズンドコ上っていきます。
地面は割れ、その隙から草が生え・ガードレールの無い道・生い茂る草 オススメしません。
『運転に自信のない方は石鎚山方面から入ることをお勧めします。』だそうです。

DSC00419.jpg


IMG_5111.jpg


IMG_5115.jpg
景色は本当に良かったです。

この後に2つ道の駅に寄って、キャンプ場に向かおうと思いましたがピンとした場所が無かったので
道後のゲストハウスまで向かいました。

・18日目
ゲストハウスで今日のキャンプ地を探していた時に、一緒に泊まってた外人の人に
英語「今日はドコイクの」的な事を言われたので、ココとココ行ってココに泊まるって話をしたんだけど
キャンプ場の場所が「ユートピア宇和」ってところだったのでそれを伝えたら
「ハハッ、ユートピア」とか笑っていたのが印象的でした。

そこに向かう前に寄るトコ寄ってから行きました。

IMG_5124.jpg
ふらっと寄った道の駅、たこやき400円


DSC_0112.jpg
目的地の一つ、下灘駅


IMG_5135.jpg
良い天気でした。


DSC00425.jpg
もう一つの目的地 四国最西端:佐田岬(佐多岬だと鹿児島県)


ユートピアフリーサイト
そして目的地の「ユートピア宇和」 ユートピアとはかけ離れて居るかもしれないが
周りに人がいなくて静かだったので理想郷と言えば、その通りである。

・19日目
キャンプ場から四国カルストへ向かう。
写真は特に無いが、道の駅に寄って時間を潰したせいか時間がなくカルストへ行けない
ので、事前に予約したライダーハウスへチェックイン

IMG_5165.jpg
どこかで見たキャラだなぁ…


IMG_5168.jpg
道、間違えたんだなぁ


IMG_5183.jpg
お宿に着きました。

・20日目
ライダーハウスから四国カルストを抜けてキャンプ場へ向かいます。
朝口が痒いと目が覚めると、コオロギみたいな虫が乗っかっていました。
その虫が寝袋の中に入ってきて今度はキモイと起床しました。

DSC00449.jpg
カルストは広い、誰も居なかった


IMG_5195.jpg
イエーイ ピースピース!
カルストを後にして、道の駅に向かいます。


IMG_5206.jpg
道の駅からたまたま四国新幹線が見れました。


爪白サイト1
ここが本日のキャンプ地となる!

Category: 四国一周バイク旅

Thread: ドール

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

お知らせ 

当ブログはドールブログでありますが、期間限定でツーリングブログとなります。
別で作ろうと思ったのですが、複数管理は出来ないのでこのブログを使うことにしました。

当ブログはドールブログです。
小さい子を連れて行く予定なので、記事に出てくる場合があります。

それと期間限定ですが、「バイク旅」カテゴリにも参加しています。
バイク旅から飛んできた方にはドールが苦手な方もいるかと思いますが、
許してください。 過去記事には行かないようにして下さい。

一応電波の入るところで1日1回ブログの更新をしようと思います。
またコメントの返答はすぐに出来ないと思います。

この記事は常に一番上に表示されます。

Category: 四国一周バイク旅

tb 0 : cm 0   

ツーリング14日目 

ツーリングが始まってからたぶん2週間が経ちました。
今回はしまなみ海道を抜け、松山市内へ向かいます。





旅たつ前に、マリンオアシスはかたで伯方の塩ソフトを食べていきます。

しまなみ海道は高速道と一般道(自転車・125CC以下のバイク)があり、
一般道でしか行けない島もあります。
キャンプ泊をした見近島もその一つです。
そして今回は世にも珍しい、エレベーターにバイクを乗せて降る島
『馬島』です。

エレベーターに原付が乗るなんて滅多にみれない光景です。
と言うか利点が見つからない…
馬島自体、人がそんなに住んでいないのにエレベーターを使うなんて


























馬島を堪能したので、松山市内に向かいます!
松山市内は路面電車が走っているのと、交通量が多くてワケワカメ
走るのに必死でした(T_T)

そして目的のお宿に到着して、歩いてこちらに向かいました






道後温泉です。
普通の温泉よりも少しお高い金額を払って、ワンランク上のお風呂に
入りました。 ちなみに建物内部は撮影禁止でした。





そんなこんなで今日も終わりました。




にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

Category: 愛媛県

tb 0 : cm 0